ウォーターナビ株式会社は水質浄化を初め環境問題に積極的に取り組む会社です。

アクアトランスファの活用

 

閉鎖性水域の環境改善

溜池

湖沼や城の濠などのいわゆる閉鎖性水域は、外部との流通が極端に少ないため、有機物の堆積などにより富栄養化が進行しています。また、ダム湖や河口堰のある河川でも、滞留時間が極端に長いため閉鎖性水域と同じような水環境におかれています。これらの水域では、春から秋にかけてアオコが水面を覆い、景観の阻害や上水源に利用されているところでは異臭味被害の原因になっています。
アクアトランスファを使用すれば、薬剤などを使用することなくアオコの発生を抑制し、生物多様性のある水域を取り戻します。

水産養殖・畜養

養殖筏

水産資源の減少、漁獲量の減少が叫ばれる中、養殖漁業が益々重要となってきています。しかし、陸上養殖の場合、生産性を上げるため過密養殖になることが多く、魚へのストレスや傷、感染症等により斃死する割合が高くなるという問題を抱えています。
アクアトランスファは、水槽壁面に付着し細菌の住処になっているバイオフィルムを剥離除去すると共に、魚のストレスを抑制する効果があるため、高品質の養殖魚の成育に役立ちます。

農業・植物工場

植物工場水耕栽培に限らず土耕栽培においても、水質は大変重要です。特に地下水を利用している場合、溶存酸素濃度が低い場合があり、植物の生育に悪影響を及ぼしたりします。直径1マイクロメートル以下の細かな気泡が植物の細胞にまで作用し、成長を促進させると共に、病害虫に強い植物に育てます。

水処理

食品加工排水処理施設の写真マイクロ・ナノバブルは浮力が小さいため、水中での残留時間が極端に長いという大きな特徴を持っています。そのため、効率的に溶存酸素を送り込むことができます。また、マイクロ・ナノバブルが作り出すフリーラジカル(*OH)は生物分解が難しい難分解性有機物の分解にも有効です。

 


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ウォーターナビ株式会社 2018 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.