CAS凝集剤(CAS-POK-S)

CAS凝集剤(CAS-POK-S)は、トンネル、橋梁、港湾などの土木工事現場での濁水処理や下水処理施設などで広く利用されています。

CAS凝集剤の6つの特徴

【1】反応速度が超即効性であり、瞬時に清水とフロックに分離させる事ができます。
【2】重金属を含む難水の除去処理が容易です
【3】凝集フロックは大きく強く粘性がなく脱水性が良好です。
【4】脱色・脱臭効果があります
【5】凝集剤が中性で処理水のpH調整が不要です。
【6】ブランドの設計によっては、多量の流水でも連続的な処理が可能です

放射性物質の凝集分離

福島第一原子力発電所の事故のため、福島県内にはセシウムが堆積した農業用ため池が多く存在します。そのため、毎年、除染のため浚渫工事が行われています。浚渫工事は、セシウムを含む堆積汚泥を、ポンプなどで汲み上げ、凝集剤を添加し固液分離した後、脱水機を通し含水量を低減し、特殊土のう袋などに入れ保管します。
この時、無機系凝集剤であるCAS凝集剤(CAS-POK-S)が効果を発揮しています。

実験

対象原水濁水

対象原水濁水

凝集剤投入撹拌

凝集剤投入撹拌。一気にフロックが成長します

撹拌停止

撹拌停止。フロックが沈殿します。この間わずか10秒

脱水性にすぐれています

凝集フロックは非常に大きく粘性がない為脱水性にすぐれています。

従来の工法よりも経済的

凝集剤は無害であり動植物に悪影響を与えることもなく従来の工法よりも経済的です。

安全性

CAS剤の安全性が認められています。

CAS剤の安全性が認められています